過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる

※2018年に配信していたメルマガバックナンバー(4通目)です。そのままコピーしているので悪しからず…。

[[name1]]さん

どもー♪
つるけんです(^^)

1日空けてみましたが、これまでのおさらい&ワークはやってみましたかー?

ちなみに前回のメルマガでは、

・ヒト、モノ、コトをキーワード化してみよう
・Why?What?をクセ付けよう
・ストーリーを創ってみよう

という内容を配信しましたね♪

で、今回のメルマガでは「[[name1]]さんの経験・体験をキーワード化する」っていう意味を解説していきます♪

目次

経験をキーワード化する

おさらいになりますが、前回のメルマガの最後に、こんな一文を書きました。

「身につけているもの・家具などを買った理由を振り返ってみましょう」

…[[name1]]さん、ちゃんと振り返ってみましたか?笑

もし振り返っていなかったら、続きを見る前にちょっと時間を作って、サクサクっと振り返ってみてくださいな( ´ ▽ ` )ノ

では、どーぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

やってみましたかね?

では、実際にキーワード化してみましょうか。

例えば僕の例でいうと、使っているパソコンはMacBook Airです。

なぜMacBook Airを使っているのか?というと…

「いつか俺もスタバでブラックコーヒーを飲みながら、窓際の席でMacを開いてドヤってやるんだ!」

っていう、ちっちゃな夢があったからですwww

で、アフィリエイトを始めて独立した記念に、中古のMacBook Airを購入しました。

かれこれ5年以上使っているけど、未だに現役。

キーボードがボロボロになってるけど、めちゃくちゃ愛着を持っています。

…。

これがどんなキーワードになるのか?って話ですね。

思い浮かぶキーワードは…

・MacBook Air レビュー
・MacBook Air 使いやすさ 使い勝手
・MacBook Air 何年使える

とか。

ちょっと変化させると、

・スタバ パソコン 電源(コンセント)
・スタバ Wi-Fi
・スタバ 滞在時間

とかとか。とーぜん、スタバ以外のワードに変えてもOKですね。

どうやったらキーワードがでてくるのか?というと…

【[[name1]]さんや僕は、検索ユーザーさん(ペルソナ)の一歩〜二歩先を進んでいる】

ってイメージすると、わかりやすいと思います(^^)

あと、ラッコキーワードとか、Yahoo!知恵袋を使うのもめちゃくちゃ有効です。

このイメージが腑に落ちると、どんな経験もキーワード化できます。

今日の経験や出来事はもちろんですが、学生時代の経験などもイケます。

過去ってあんまり振り返る機会がないかもしれませんが、過去からもらえる活力ってかなりのものですからね〜。

過去に根を張り、未来に花を咲かす、みたいな。
(自分らしくないこと言うな〜www)

過去っていうワードが出たから、せっかくなので…

たまたまとあるテレビ番組を見ていたら、こんなセリフが流れてきました。

「過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる」

調べてみたところ、ドイツの第6代大統領:ヴァイツゼッカー氏が演説中に述べた言葉みたいです。

簡単に言えば「過去を分離させるなよ〜」ってことですね。

過去のイヤな出来事とか黒歴史とかって、どーしても無かったことにしがちです。

でも、過去を直視して再定義できれば、過去からプラスのエネルギーを貰えるんですよね〜( ´ ▽ ` )ノ

「〜のせいで」じゃなくて「〜のおかげで」っていう再定義・書き換えをしていくと、普段の生活もかなり楽になりますよ♪

まとめ

・経験をキーワード化するコツは「検索ユーザーの一歩〜二歩先を進んでいるイメージを持つ」こと
・ラッコキーワードや、Yahoo!知恵袋も活用しよう
・〜のおかげでっていう考え方、めっちゃ大事

P.S.
ちょっと抽象度高めのSEO論が続いたので、次回から数通は具体的な内容でイキます。

・キーワードの種類
・視点のズラし方
・抽象度の上げ下げ

こんな流れで配信しようと思います♪

ではでは。

貴重なお時間&エネルギーを使い読んでいただき、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

また明日もよろしくお願いいたします☆

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2012年〜独立|アフィリエイター×SEOディレクター×兼業農家|リサーチ・ディレクション・分析が大好き|新卒で総合商社→うつ病→6ヶ月で退社→転職失敗→ニート→フリーランス→なんだかんだで10年選手|メディア運営・コンテンツマーケのご相談はDMでお気軽に|つるけんって呼んでくれると泣いて喜ぶ

コメント

コメントする

目次
閉じる